【超簡単】グーグルxmlサイトマップの設定と使い方を解説

ブログ
ダムス
ダムス

グーグルXMLサイトマップって何じゃ?

ヒデヨシ
ヒデヨシ

設定方法と使い方を教えて欲しい!

クサ子
クサ子

サーチコンソールへの登録方法も知りたい!

パパクサマン
パパクサマン

今回はこんなお悩みを解決!ワードプレスのプラグインGoogle XML Sitemapsを使って、XMLサイトマップを作成する方法を解説します。

XMLサイトマップは、サイト内にあるページを検索エンジンに通知して、認識させる役割があります。

イメージとしては、サイト全体の構成図!

サイトマップのイメージ
「Google XML Sitemaps」でXMLサイトマップを作るメリット

・記事を公開、リライトした時に自動生成してくれる

・Googleが推奨する内容で、XMLサイトマップが作成できる

・生成されたXMLサイトマップは、自動で検索エンジンに通知

パパクサマン
パパクサマン

ブログ運営には必須のプラグインなんで、ぜひ設定してくださいね。

Google XML Sitemapsをインストールしよう

まずは「Google XML Sitemaps」をインストールします。

パパクサマン
パパクサマン

インストールの方法が分かる方は、読み飛ばしてくださいね。

ワードプレスの左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

プラグインの追加方法

検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力して「今すぐインストール」をクリック。

Google XML Sitemapsの追加方法

インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

ワードプレスの左側メニュー「設定」に「XML-Sitemaps」が表示されたらOK。

ワードプレスの設定メニュー画面

Google XML Sitemapsの設定をしよう

次はGoogle XML Sitemapsの設定をしていきます。

設定する項目は下記の7つ!

・基本的な設定

・高度な設定

・投稿の優先順位

・Sitemaps標準コンテンツ

・Excluded Items

・Change Frequencies

・優先順位の設定

順番に設定方法を解説していきますね。

基本的な設定

基本的な設定では「検索エンジンに通知するか」を設定できます。

3つ全てチェックでOK!

Google XML Sitemapsの基本的な設定

・1番上のチェック→更新したらGoogleに通知

・2番目のチェック→更新したらBingに通知

・3番目のチェック→検索エンジンにサイトマップの場所を通知

高度な設定

高度な設定は、赤枠の3つにチェックが入っているか確認しよう。

Google XML Sitemapsの高度な設定

・「Try to automatically~」は、サイトマップを圧縮

・「XSLT スタイルシートを含める」は、XML文書を人が読みやすい文書に変換

・「HTML形式でのサイトマップを含める」は、HTML形式で見やすくする

投稿の優先順位

投稿の優先順位は、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れます。

Google XML Sitemapsの投稿の優先順位の設定
パパクサマン
パパクサマン

後ほど、手動で優先順位を設定していきますよ。

Sitemaps標準コンテンツ

Sitemaps標準コンテンツでは、サイトマップに載せるコンテンツを設定します。

Google XML SitemapsのSitemaps標準コンテンツの設定

下記4つにチェックを入れよう。

・ホームページ

・投稿(個別記事)を含める

・カテゴリーページを含める

・最終更新時刻を含める

検索エンジンに通知する必要があるページだけを設定します。

パパクサマン
パパクサマン

不要なページを入れない事で、クロールの最適化に繋がりSEO対策になりますよ!

Excluded Items

Excluded Itemsでは、サイトマップから除外したいコンテンツを設定できます。

Google XML SitemapsのExcluded Itemsの設定

内容が薄いコンテンツなどを、カテゴリー又は個別記事で除外できます。

パパクサマン
パパクサマン

特に除外したいコンテンツが無い場合は、デフォルトのままでOKです。

Change Frequencies

Change Frequenciesでは、検索エンジンに通知する頻度を設定します。

コンテンツごとに「常時・毎時・毎日・毎週・毎月・毎年・更新なし」から選択できます。

Google XML SitemapsのChange Frequenciesの設定

必ずこの通りにクロールされる訳ではありません。あくまでもヒント(目安)となります。

パパクサマン
パパクサマン

重要なコンテンツにしっかりクローラーがくるように、画像の設定がおすすめです!

優先順位の設定

優先順位の設定では、検索エンジンに通知する時の優先順位を設定します。

「0.0~1.0」まで0.1刻みで設定ができ、数値が大きい方が重要度が高いです。

Google XML Sitemapsの優先順位の設定

こちらもヒント(目安)となります。

パパクサマン
パパクサマン

Change Frequenciesと同様に、重要なコンテンツを高く設定します。画像の設定がおすすめです!

以上でGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。

「設定を更新」をクリックしよう。

Googleサーチコンソールにサイトマップを登録しよう

最後に「Googleサーチコンソール」にサイトマップを登録します。

パパクサマン
パパクサマン

現時点では検索エンジンにサイトマップが認識されていないので、忘れずに登録しよう。

手順は超簡単、2ステップです。

1, Googleサーチコンソールを開く

2, サイトマップを送信

もしGoogleサーチコンソールを導入していない場合は、こちらの記事からどうぞ。

まずはGoogleサーチコンソールを開いて、メニューの「サイトマップ」をクリック。

Googleサーチコンソールのサイトマップの画面

「新しいサイトマップの追加」に「sitemap.xml」と入力して「送信」をクリック。

Googleサーチコンソールの新しいサイトマップの追加画面

これでサーチコンソールにサイトマップが登録されました。

パパクサマン
パパクサマン

1度設定を行えばOK!記事を公開、リライトした時などに毎回行う必要はありませんよ。

今回は以上です。

プラグインGoogle XML Sitemapsを使えば、簡単にXMLサイトマップを作成することができます。

1度設定したら後は自動でXMLサイトマップを生成してくれるので、非常に便利ですね。

検索エンジンに早くコンテンツを認識してもらうためにも、XMLサイトマップの設定をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました