「ブログネタ切れ」は今日でおさらば!すぐに実践できる裏ワザを伝授

ブログネタ切れブログ
パパクサマン
パパクサマン

こんにちは!パパクサマンです。今回はブログがネタ切れした時の裏ワザを伝授します。

ダムス
ダムス

最初の20記事は順調だったけど、そろそろネタが、、、

ヒデヨシ
ヒデヨシ

これまでの知識が底をついてきたぞ!

クサ子
クサ子

ブログネタどっかに落ちてないかなぁ〜

パパクサマン
パパクサマン

まさかブログを書く直前にネタを考えていませんか?それだと、いつネタが切れるか不安ですよね。

ヒデヨシ
ヒデヨシ

確かに、いつも不安じゃ!パパクサマンはどうしてるんじゃ?

パパクサマン
パパクサマン

私は普段からめちゃくちゃネタをストックしてます。記事のネタはありますが、書くペースが全然追いついていません、、、

この記事では、実際にパパクサマンがやっている裏ワザをお伝えするので、最後まで読めばブログネタ切れの原因を理解できて具体的な解決策が分かります。

もうブログのネタ切れで悩むことは無くなりますよ。

【解決策を紹介する前に】ブログネタ切れの原因を理解しよう

【解決策を紹介する前に】ブログネタ切れの原因を理解しよう

根本の原因を理解しておかないと、またいつかブログのネタ切れに悩む事になるのでしっかり理解しましょう。

ブログネタ切れの原因は下記3つです。

・圧倒的な準備不足

・思考数が足りない

・インプットが足りない

圧倒的な準備不足

ブログネタ切れ原因の80%は準備不足です。

ここで言う準備とは、「書くキーワードをあらかじめ決めておく事」を指します。

後述する裏ワザで具体的なやり方を解説しますが、しっかり準備をすれば100個以上ネタのストック可能です。

実際に私も100個以上ストックしており、書くペースが間に合わないので優先順位を付けて書いている状態です。

思考数が足りない

準備に必要なキーワードが1つも思い浮かばない場合は、そもそも思考数が足りていません。

・あなたが得意な事

・あなたが好きな事

・過去の自分の悩み

など些細な事でも構いませんので、自分の特徴を洗い出しましょう。

試しに起きている時間で可能な限り、ブログのネタを考えてみてください。必ず1つは思いつきます。1つ思いつけば解決手順でネタを100個以上に広げる事が可能です。

また、自分の頭の中だけで考える必要もありません。

・TwitterなどのSNS

・Yahoo!知恵袋などのお悩み

・ベンチマークしているブロガー

を参考するのも良いですよ。

インプットが足りない

もしかしたら、キーワードを準備している人はいるかもしれません。

それでも記事が書けないのは「単純に今の知識に自信がないから」です。

もちろん私も知識が足りなくて書けないキーワードがたくさんあります。

どうしてもそのキーワードで記事を書きたいなら、先に勉強するしかないです。それ以外の場合は、後回しにしてこれから紹介する裏ワザを先にやってみてください。

ブログネタ切れした時の裏ワザ【5ステップ】

ブログネタ切れした時の裏ワザ【5ステップ】

ブログのネタが切れた時に、解決する裏ワザの手順は5ステップです。

順番に解説していきます。※ちなみに使用するツールは全て無料で使えますよ。

1, 関連キーワード取得ツールでキーワードを取得

2, キーワードプランナーを使って検索ボリューム順に並び替える

3, neilpatelでSEO難易度を調べる

4, スプレッドシートエクセルにまとめる

5, 1~4を定期的に繰り返す

関連キーワード取得ツールでキーワードを取得

まずはメインのキーワード1つを決めて、関連キーワード取得ツールに入力します。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツール

今回の場合は「ブログ」です。※注意点として、まずはビックワード(1単語)にしてください。

関連キーワード取得ツール サジェスト

「ブログ」に関連するサジェストワードが出てきます。どんなキーワードでも500語以上出てきますよ。

「全キーワードリスト(重複除去)」をコピーしましょう。

キーワードプランナーを使って検索ボリューム順に並び替える

次にキーワードプランナーで1カ月にどれくらい検索されているかを調べます。

キーワードプランナー

キーワードプランナー 検索のボリュームと予測のデータを確認する

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナー 入力

先ほどコピーしたキーワードを貼り付けて「開始する」をクリック。

キーワードプランナー CSVをダウンロード

「プランの過去の指標」をクリックしてCSVをダウンロードします。

キーワードプランナー ダウンロードしたCSV

ダウンロードしたCSVを開いて、「Keyword」「Min search volume」「Max search volume」の指標だけ残します。

「Min search volume」が0の場合、ほとんど検索されないキーワードなので削除してOKです。

※検索ボリュームの数値は次に使うツール「neilpatel」の方が細かく出るので、最終的には「neilpatel」の数値を参考にします。

※かなりのキーワード数になるはずなので、例えば「ブログ 速報」「ブログ を見る」など明らかに記事を書かないキーワードは削除しましょう。

neilpatelでSEO難易度を調べる

ある程度キーワードを絞ったら、neilpatelで1語づつ「検索ボリューム」と「SEO難易度」を調べていきます。

neilpatel

neilpatel 検索結果

こんな感じで「検索ボリューム」と「SEO難易度」が見れます。

※ちなみにSEO難易度は数字が大きい方が難しいです。

neilpatel 詳細結果

キーワードをクリックすると、検索上位の一覧や1カ月の流入見込み数なども見れますよ。

エクセルやスプレッドシートにまとめる

キーワードの「検索ボリューム」と「SEO難易度」が分かったら、エクセルやスプレッドシートにまとめましょう。

今回特別にパパクサマンのスプレッドシートの1部を公開します。※悪用禁止ですよ。

Googleスプレッドシート 見本

各指標の入力方法はこんな感じです。

・キーワード⇒キーワードを入力

・検索ボリューム⇒neilpatelの検索ボリュームを参考に数値を入力

・難易度⇒neilpatelのSEO難易度を参考に数値を入力

・チェック⇒記事を書いたら分かるように入力

・allintitle:⇒タイトルにキーワードが入っている記事の数

※「allintitle:検索したいキーワード」とGoogle検索すると、タイトルにキーワードが入っている記事数が表示されます。

グーグルallintitle検索

「allintitle:」まで入力するのは大変なので、まずは空欄でもOKです。

1~4を定期的に繰り返す

ビックワード(1単語)で1回やると、ネタはかなり見つかると思います。

中には書けないキーワードもあるはずなので、定期的に繰り返して優先順位を決めましょう。ちなみに私は「SEO難易度」が易しく、検索ボリュームが多いキーワードからなるべく書いています。

ふとした時にキーワードが思い浮かんだらメモする事も有効です。

ある程度メモが溜まって「手順:3~4」を繰り返すと、どんどんネタが増えますよ。

習慣化すればブログネタ切れは起こらない

習慣化すればブログネタ切れは起こらない

いかがでしたか?

「ネタ切れの原因を理解」⇒「裏ワザの活用」を習慣化すれば、今後ブログのネタ切れに困る事はないはずです。

あとは思考数、インプットを増やして記事を書きましょう。

・圧倒的な準備不足⇒裏ワザの活用

・思考数が足りない⇒自分の特徴を洗い出す

・インプットが足りない⇒なんとか勉強する

今回は以上です。

ぜひ実践してみてくださいね。

そしてブログ執筆に専念しましょう。

タイトルとURLをコピーしました