Fetch as Google(URL検査)とは?画像を使って解説

ブログ
ダムス
ダムス

Fetch as Googleってなんじゃ?

ヒデヨシ
ヒデヨシ

いつ使えばいいのか?

クサ子
クサ子

使う時の注意点を教えて!

パパクサマン
パパクサマン

今回はこんなお悩みを解決します。Fetch as Googleとは、Googleサーチコンソールの1つの機能で旧バージョンの名称です。

※2018年12月にGoogleサーチコンソールが新バージョンに移行しました。

パパクサマン
パパクサマン

新バージョンでは「URL検査」と名称が変更になり、機能が継承されていますよ。

・初めての方は「URL検査」と覚えればOK。

・Fetch as Googleを聞いた事がある方は「Fetch as Google≒URL検査」でOK。

URL検査を使うにはGoogleサーチコンソールが必要です。

パパクサマン
パパクサマン

導入していな方はこちらの記事からどうぞ!

Fetch as Google(URL検査)とは

Fetch as Google(URL検査)とは

Fetch as Google(URL検査)を使うと、クローラー(Googlebot)に対して「記事を作成したので情報を持って行ってくれ」とインデックス登録のリクエストを送る事ができます。

クロール・クローラー・インデックスは、SEO関連でよく出てくる言葉なので覚えておきましょう。

ざっくりですが、検索エンジンの仕組みは下記の通り。

1, クローラーが記事を発見して情報を集める(クロールされる)

2, 集めた情報を整理整頓する(インデックスされる)

3, 凄いアルゴリズムを駆使して検索結果が表示される

ここで重要なのは「インデックスされていないと、どんなキーワードで検索しても検索結果に表示されない」という事です。

インデックスされるためには、クローラーにあなたの記事を見つけてもらう必要があります。

しかし公開したばかりの記事やサイトだと、クローラーも見つける事ができません。

パパクサマン
パパクサマン

だから、記事を公開したらすぐにURL検査を行い、クローラーに「情報を持って行ってくれ」とリクエストするべきなんです!

URL検査を使うタイミングはいつ?

URL検査を使うタイミングはいつ?

URL検査を行うタイミングは主に3つです。

・新しい記事を公開した

・記事をリライトした

・検索結果に出ない

要するに「ワードプレスの公開ボタンを押したらURL検査をする」です。

パパクサマン
パパクサマン

ちなみに「検索結果に出てくるのか」を調べる時は、Googleの「siteコマンド」を使いましょう。

検索窓に「site:調べたいURL」と入力して検索。

例えばこのサイトで実際に検索してみると、こんな感じです。

siteコマンドの使用例
パパクサマン
パパクサマン

検索結果に確認したい記事が出てくれば、インデックスされているのでOKです。

検索結果に出ない場合は、URL検査をしよう。

URL検査の使い方!画像を使って解説

URL検査の使い方を解説していきます。

と言っても、めっちゃ簡単です。

1, Googleサーチコンソールを開く

2, 検索窓にインデックス登録リクエストしたいURLを入力

3, リクエストを送信して完了

Googleサーチコンソールを開いて、確認したい記事のURLを検索窓に入力。

GoogleサーチコンソールでURL検査をする

Googleインデックスからデータを取得されます。

Googleサーチコンソールでインデックスからデータを取得している画面

URL検査でインデックス登録されていない場合

新規の記事を投稿した時は、こちらの画面が表示されます。

GoogleサーチコンソールでURL検査をした結果

「URLがGoogleに登録されていません」と表示されます。「インデックス登録をリクエスト」をクリックしましょう。

Googleサーチコンソールにインデックス登録をリクエスト

しばらく待ちます。

Googleサーチコンソールにインデックス登録をリクエスト完了

「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されればOKです。

URL検査でインデックス登録されている場合

リライトした時は、1度インデックス登録をリクエストしているので、こちらの画面が表示されます。

Googleサーチコンソールでインデックス登録がされている場合の結果画面

「URLはGoogleに登録されています」と表示されますが、再度「インデックス登録をリクエスト」をクリックしましょう。

Googleサーチコンソールにインデックス登録をリクエスト

しばらく待ちます。

Googleサーチコンソールにインデックス登録をリクエスト完了

「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されればOKです。

URL検査の注意点

URL検査の注意点

URL検査を使う時に、注意点が1つだけあります。

パパクサマン
パパクサマン

明確な回数は記載されていませんが、1日のインデックス登録のリクエスト数に上限があります。

URL検査ツールについて-Search Consoleヘルプ

試しに1日に15回ほどインデックス登録のリクエストをしたことがありますが、問題はありませんでした。

パパクサマン
パパクサマン

個人でブログを書いている場合、1日10回も記事を公開したり、リライトする事はほぼないと思うので、普通に使えばOKです。

ちなみに、同じ記事をたくさんリクエストしても効果があるわけではありません。

今回は以上です。

新しい記事を公開したり、リライトした時にURL検査を行う重要性が理解できたと思います。

パパクサマン
パパクサマン

特にブログを始めて間もない頃は「記事を公開しても検索結果に表示されてないのでは?」と不安になると思います。

少しでも早く検索結果に表示されるように、ぜひURL検査を活用してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました