【最新版】ブログのSEO対策初心者が最初に抑えるべき10のポイント

SEO対策初心者Webマーケティング
パパクサマン
パパクサマン

こんにちは!パパクサマンです。今回は初心者向けに「ブログSEO対策の具体的なやり方」について解説していきます。

ダムス
ダムス

SEO対策って意味不明、、、

ヒデヨシ
ヒデヨシ

時代によって流行り廃りがあるものじゃろ?

クサ子
クサ子

良質な被リンクを集めることでしょ?

パパクサマン
パパクサマン

確かに「SEO対策」と一言で言っても、やり方やレベルはめちゃくちゃあります。野球で例えると、少年野球からメジャーリーグみたいな感じです。

ダムス
ダムス

野球で例えるとは!実にわかりやすい。

パパクサマン
パパクサマン

ただ、野球を始めたばかりの少年は、メジャーリーガーといきなり同じ練習はしませんよね?

ヒデヨシ
ヒデヨシ

まずはボールの握り方やバットの振り方など基礎や野球のルールを習うもんじゃ!

パパクサマン
パパクサマン

その通り!この記事でも、SEO対策の基礎部分と今後も変わる事のない普遍的なSEO対策の本質をお伝えします。

10のポイントのうち、何個できているか確認してくださいね!

念のためサラッと、SEO対策とは?

念のためサラッと、SEO対策とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

検索エンジン≒Googleなので「Google最適化」つまりSEO対策とは、「Googleに最適化されるように対策しよう」です!

※Yahoo!もGoogleと同じアルゴリズムを使っているので、Googleを最適化すれば検索エンジンの90%以上をカバーできます。

SEO対策初心者が抑えるべき10のポイント

SEO対策初心者が抑えるべき10のポイント

初めてSEO対策をする時に、確実に抑えるべきポイントは下記です。順番に解説していきます。

1, キーワードは2~3語の掛け合わせ

2, タイトルにキーワードを入れる

3, ディスクリプションを設定する

4, 見出しタグを正しく使う

5, パーマリンクを英語で設定する

6, カテゴリーを正しく設定する

7, 画像圧縮とaltタグを設定する

8, スマホを優先させる

9, 外部リンク、内部リンクを適切に使う

10,XMLサイトマップを設定する

キーワードは2~3語の掛け合わせ

1語のいわゆるビックワードは難易度が高く、4語以上は検索数が少なすぎるため2~3語の掛け合わせキーワードを狙いましょう。

具体例

1語:「SEO」⇒検索ボリューム:49,500/月

2語:「SEO 対策」⇒検索ボリューム:22,200/月

3語:「SEO 対策 初心者」⇒検索ボリューム:110/月

「SEO」1語だと、「SEO」の何について知りたいのか、ユーザーの検索意図は分かりにくいです。

しかし3語の「SEO 対策 初心者」であれば、「初心者でも分かるSEO対策についてを知りたいんだなぁ」と検索意図が分かりやすいので記事も書きやすいですよ。

2語、3語と増えるほどユーザーの検索意図が分かりやすので、初めは3語から狙うのをオススメします。

タイトルにキーワードを入れる

タイトルに必ずキーワードを入れましょう。

今回の場合キーワードは「SEO 対策 初心者」です。

【最新版】SEO対策初心者が最初に抑えるべき10のポイント

【最新版】初めてのSEOとは?最初に抑えるべき10のポイント

その他のポイントは下記3つです。

・慣れるまでは、キーワードの順番を変えない。

・なるべくタイトルの前の方に持ってくる。

・デバイスによって変わりますが、タイトルの文字数は32文字前後で「…」と省略されるので32文字前後で全文が伝わるようにする。

ディスクリプションを設定する

ディスクリプションは記事の説明文の事で、画像の赤枠部分です。

ディスクリプション例

ポイントは下記2つです。

・ディスクリプションにもキーワードを入れる。

・ディスクリプションの文字数はスマホで70〜80文字、PCで120〜130文字くらいで「…」と省略されるのでなるべく初めの方に、伝えたい事はまとめましょう。

見出しタグを正しく使う

見出しタグを正しく付けましょう。

<h2>

  <h3>

   <h4>

<h2>

  <h3>

   <h4>

<h2>

  <h4>

 <h3>

<h1>

 <h3>

  <h4>

ポイントは下記4つです。

・<h1>タグはタイトルに使われているので、記事内で使うのは<h2>から

・階層<h2>→<h3>→<h4>と順番通り使う

・なるべく<h3>までにする

・不自然にならない程度に、見出しにもキーワードを入れる

パーマリンクを英語で設定する

パーマリンクはURLの部分です。

「kuchikusaman.com/seo-measures-beginner

パーマリンクが日本語だとこんな感じになります。

「kuchikusaman.com/d%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83………

意味不明に長いURLだとクリックやシェアがされにくいので、Google英訳を使ってパーマリンクを作成しましょう。

Google翻訳

ポイントは下記2です。

・Google英訳を使って英語で設定する。

・「_(アンダーバー)」ではなく「-(ハイフン)」を使うのが無難です。

カテゴリーを正しく設定する

関連性のある記事をカテゴリー毎にまとめると、ユーザーの利便性向上に繋がり、アクセス数アップが期待できます。

また正しく整理するとGoogleにも、専門性が高いサイトと認識されるようになります。

初期設定では「未分類」のカテゴリーが用意されているので、編集して使うか削除しましょう。

カテゴリー

ポイントは下記3つです。

・1記事に対してカテゴリーは1つ

・階層を深くしない(2階層までが望ましい)

・未分類は使わない

画像圧縮とaltタグを設定する 

ページの表示速度が速い方がユーザーにとってストレスがありません。

記事中で使用している画像は圧縮して、Googleにどんな画像かaltタグを設定して説明しましょう。

altタグ記入例

ポイントは下記3つです。

・PINGは重いのでJPEGを使う

・圧縮ツールで画像を圧縮する→パパクサマンはiLoveIMGを使っています。

・alt属性タグで画像の説明もする

スマホを優先させる

最近だとPCよりスマホで検索する人の方が多いです。

ちなみにパパクサマンWebも70%がスマホからの流入です。

2018年3月にGoogleもモバイルファーストインデックスと言って、スマホページのコンテンツをもとに、検索順位を決定する方針に切り替えています。

ポイントは下記3つです。

Mobile-Friendly Testでチェックしてみる

・スマホに合わせて改行や文字幅を決める

・スマホの文字サイズは適切か確認する

※ちなみにパパクサマンWebでは、PCは18px、スマホは16pxに設定してますよ。

外部リンク、内部リンクを適切に使う

リンクには3種類あり、適切に使う事でプラスの評価に繋がります。

・被リンク⇒外部サイトから自サイトにリンクが貼られる

・外部リンク⇒自サイトに外部サイトのリンクを貼る

・内部リンク⇒自サイトに自サイト別ページのリンクを貼る

「被リンク」は自分でコントロールできないので、まずは外部リンクと内部リンクを適切に使いましょう。

外部リンクのポイント

・引用する時は必ず外部リンクを付ける

・外部リンクを使い過ぎない

・外部リンク先が悪質なサイトではないか確認する

内部リンクのポイント

・内部リンクは関連がある記事で繋げる

・重要なページに内部リンクを集中させる

XMLサイトマップを設定する

XMLサイトマップは、どこにどんな記事があるのかGoogleに伝えるためのマップです。

すぐに検索順位が向上するわけではないですが、Googleにあなたの記事を見つけてもらうために必須です。

こちらはプラグインを使うと簡単に設定できます。

詳しい設定方法はこちらの記事からどうぞ。ちなみにこれが噂の内部リンクですよ。

以上で10のポイントは完了です。ここまでは、テクニック的な話でしたが最後にSEO対策の本質をお伝えします。

seo対策で最重要はコンテンツ

seo対策で最重要はコンテンツ

検索エンジンは日々進化しており、テクニック的な部分が多少できていなくても、ぶっちゃけ「コンテンツが最高!」であればOKな時代になりつつあります。

※コンテンツが「ちょっと良い」じゃなくて「最高!」レベルですよ。

なぜなら「Googleが掲げる10の事実」の1つ目でこの様に言っているからです。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。


Google が掲げる 10 の事実

つまりユーザーが満足する利便性が高いサイトが、Googleにとっても望ましいという事です。

先ほど紹介した10のポイントも、Googleが判断する為の基準の一部です。

検索エンジンが進化していく中で、テクニック的な部分が必要無くなったとしたら、普遍的な本質は「コンテンツ」です。

間違いなく重要度が増すので、最後に良いコンテンツと悪いコンテンツの例を挙げます。ぜひ良いコンテンツを目指していきましょう。

・悩みを解決している

・検索意図に合っている

・分かりやすく、読みやすい

・信頼性とオリジナル性がある

・内容が薄い

・他サイトを丸パクり

・悩みの解決にならない

・自サイトで重複している

今回は以上です。

基本のSEO対策を知っておく事は必要ですが、今後はテクニック的な部分の重要度は低くなりコンテンツの重要度が高まるはずです。

あなたのコンテンツが「ユーザーが満足する利便性が高いサイト」に向かっているか、データで確認するため必須のツールがあります。

・Googleアナリティクス

・Googleサーチコンソール

最初は細かく見る必要はありませんがデータを溜める為に、早めに設置だけはしましょう。※ちなみにどちらも無料で使えますよ。

タイトルとURLをコピーしました