Webマーケティング業界は大変?業界歴4年現役マーケターの経験談

Webマーケティングは大変?Webマーケティング
ダムス
ダムス

Webマーケティング業界は大変って聞くけど、実際どうなんじゃ?

ヒデヨシ
ヒデヨシ

Webマーケティング業界を目指す時に、事前にやっておいた方が良い事を教えてくれ!

クサ子
クサ子

Webマーケターのやりがいって何なの?

パパクサマン
パパクサマン

今回はWebマーケターとして4年働いてきた経験から「Webマーケティング業界って大変なのか?」を解説します。

本記事の内容

・Webマーケターになって「最初の3ヶ月」と「最初の1年」で大変な事

・業界を目指すなら、事前にやっておいた方が良い事

・Webマーケターのやりがい

ちなみにパパクサマンは、Web広告代理店でリスティング広告やSNS広告の運用をしていました。

パパクサマン
パパクサマン

詳細の仕事内容は職種によって違いがあるかもしれませんが、大変なポイントはだいたい同じなので、ぜひ参考にしてくださいね。

Webマーケティング業界で大変な事【最初の3ヶ月】

Webマーケティング業界で最初の3か月くらい大変なこと

最初の3ヶ月で大変だった事は下記4つです。

・専門用語

・エクセル

・レポートのコメント

・座りっぱなしの仕事

順番に解説していきます。

専門用語

最初は全然覚える事ができませんでした。

特にアルファベット3文字シリーズ

・CVR

・CPC

・CPA

など社内で普通に使われますが、一瞬考えて理解するみたいな状態です。

パパクサマン
パパクサマン

とはいえ使いながら覚えるのが1番早いので、ひたすら使いましょう。3ヶ月くらいで基本的な専門用語は慣れますよ。

最初は覚える事が次から次に出てくるので、すぐにググる癖をつければOKです。

エクセル

入社直後は、PCに慣れるという意味で「先輩のレポート作成の手伝い」が主な業務でした。

パパクサマン
パパクサマン

当時レポートはエクセルで作成しており、最初は下記ができず途方に暮れていたのを覚えています!

・ショートカットキーを駆使する

・VLOOKUPやSUMIFS関数を駆使する

5年くらい前の話なので、今はツールを使ってレポートを作成している企業がほとんどだと思います。

しかし、なんだかんだ今でも上記のスキルは重宝しています!

パパクサマン
パパクサマン

基本的なショートカットや簡単な関数を使える様になると、仕事の効率が上がりますよ。

レポートのコメント

クライアントに提出するレポートのコメントです。

正直入社して3ヶ月程度じゃ、レポートの数値を見ても改善策で何をやったら良いのかわかりません。

パパクサマン
パパクサマン

もちろん先輩のサポートでしたが、最初は文章をまとめるのも一苦労でした!

2年後には毎月30本くらいレポートのコメントを書いていましたが、振り返ってみると量をこなす事が大事だったと思います。

パパクサマン
パパクサマン

試行錯誤を繰り返し、まずは先輩が上手くいっている施策をマネしていくしかありません!

コメントの文章に関しても同じで、少しテクニック的な事を加えるなら

・PREP法を使う

・フォーマットを決める

と上達できましたね。

座りっぱなしの仕事

少し毛色は違いますが、体を動かす仕事をしていた人はツラいかもしれません。

パパクサマン
パパクサマン

私も以前は営業で外に出っぱなしの働き方をしていたので、1日中座って仕事をするのが最初はめちゃくちゃツラかったです!

そのうち慣れると言ってしまったら終わりですが、休憩時間に散歩して気分転換していました。

パパクサマン
パパクサマン

明らかに運動不足になるので、運動する習慣を作った方がいいですね。

また1日中パソコンの画面を見るので、めちゃくちゃ目が疲れます。

ブルーライトカットめがねを準備しておくと良いですよ!

ちなみに、ブルーライトカット率25~60%くらいありますが、60%だとちょっとレンズの色が気になるので、透明レンズの35%がオススメです。

Webマーケティング業界で大変な事【最初の1年くらい】

Webマーケティング業界で最初の1年くらい大変なこと

3ヶ月を過ぎて、ちょっと慣れてから1年くらい大変だったことは下記4つです。

・数字のプレッシャー

・何をどうしたら良いかわからない

・広告は休みなく動いている

・リスティング広告が全てじゃない

順番に解説していきます。

数字のプレッシャー

私の場合、入社して3ヶ月を過ぎた辺りから案件を担当しました。

パパクサマン
パパクサマン

最初の案件は鮮明に覚えています。とある整骨院の店舗集客で、リスティング広告を運用しました。ちなみに予算は月10万円!

ぶっちゃけ記事を読んでいる方は「予算低い」って思ったかもしれません。

でも当時の自分からすると給料の半分くらいの金額なので、それなりにプレッシャーです。

残念ながら気合いがあれば成果が出るわけもなく、日々プレッシャーだけが大きくなりました。

パパクサマン
パパクサマン

もし当時の自分に何か伝えるなら「自分ができることを100%するだけでは足りないので、先輩の力を借りよう!」と伝えます。

Web広告なので成果が悪くても10万円を使う前に改善可能ですし、早めにクライアントへ報告するなど対応策はたくさんあります。

ある程度のプレッシャーがあるのは当たり前!むしろ何とも思わない方が危ないかもしれません。

パパクサマン
パパクサマン

一人で抱え込む必要もないので、早めの相談をすればOKですよ。

何をどうしたら良いかわからない

専門用語を覚えたレベルでは、ホントに分からないです。

・このキーワードの流入を増やした方が良いのか?

・こんなターゲティングしたら良いんじゃないか?

・クリック率低いから広告文変えた方が良いのか?

などの疑問は専門書を読んでも、明確な答えは書いてないです。

パパクサマン
パパクサマン

自分でアクションを起こすしかありませんよ。

最悪の選択は「何をどうしたら良いか分からないので何もしない」です!

成長にも繋がらないし、クライアントを不幸にします。

パパクサマン
パパクサマン

「成果が悪い原因を見つける」⇒「アクション」⇒「検証する」を徹底的に考え、行動しましょう。

広告は休みなく動いている

仕方のないことですが、広告は夜中も休日も配信されます。

パパクサマン
パパクサマン

最初は気になって仕方がないかもしれません。私もよく休みの日に管理画面を開いた記憶があります。

また、急な対応もないわけではないです。

プライベートの時間に対応しなければいけない場合もあるかもしれません。

しかし、10分程度で終わる内容がほとんどです。

パパクサマン
パパクサマン

仕事に慣れてきて、事前にクライアントの予定を確認しておけばコントロール可能ですよ。

リスティング広告が全てじゃない

半年くらい過ぎると、小さな成功体験を積んで「リスティング広告なんて楽勝」ってなるかもしれません。

パパクサマン
パパクサマン

私がそうでした!笑

当たり前ですが、リスティング広告はWebマーケティングの一部にしかすぎません。

「SNS広告の運用」「アクセス解析」など、まずは近い範囲で出来る事を広げていくと良いです。

パパクサマン
パパクサマン

クライアントに提案できる幅も広がり、自分の成果にも繋がりますよ。

出来る領域を広げていくと、Webマーケティングの全体像がぼんやり見え始め、点と点だった知識が1つの線になります。

すると、どんどん仕事が楽しくなるので、2~3年目は正直1年目より大変ではないですよ!

Webマーケターを目指すなら事前にやっておいた方が良いこと

事前にやっておいた方が良いこと

Webマーケティングの知識や専門用語は、仕事にするならすぐに学ぶべきです。

今ならネットでいくらでも情報はあります。

パパクサマン
パパクサマン

ちなみにパパクサマンWebでも記事があるので、詳しくはこちらからどうぞ!

ですから今回はその他で、もっと具体的なスキルとしてやっておいた方が良いことを3つお伝えします。

・PCのショートカット覚える

・タイピング速度アップ

・各種SNSやブログ

「PCのショートカット覚える」と「タイピング速度アップ」は、仕事のスピードに直結します。

パパクサマン
パパクサマン

目安としては「ほとんどマウスを使わずにPC操作できる」「ブラインドタッチができる」くらいです!

ブログはWebマーケティングを学ぶ時に最高のツールですが、難易度は高め。

ぜひ挑戦して欲しいですが、まずはTwitter、InstagramなどSNSを積極的に活用してみてくださいね。

大変だけどWebマーケターはやりがいがある

Webマーケティングのやりがい

大変な事ばかりお伝えしてきたので、最後はWebマーケターのやりがいをお伝えします。

私がWebマーケターとして、やりがいを感じた時はこの3つ。

・自分の企画で成果が出た

・数字で結果が伸びた

・成長していることが分かる

テレビCM程ではないかもしれませんが、自分が作った広告を目にした時や数字が改善できた時は、めっちゃくちゃ嬉しいです。

しかもWeb広告の場合、クリック数、購入者数など全ての数字が明確に出ます。

パパクサマン
パパクサマン

Webマーケティングは経営に直結する部分なので、クライアントにも感謝されますよ。

また、Webマーケティング業界では新しい挑戦をする機会が圧倒的に多いです。

パパクサマン
パパクサマン

1年を振り返ってみると「成長したな〜」と感じる事が多いですよ!

・数字を伸ばすが好き

・新しいことに挑戦するが好き

この2つに当てはまるなら、Webマーケターのやりがいを感じると思います。

今回は以上です。

赤裸々に、Webマーケティング業界の大変さをお伝えしました。

パパクサマン
パパクサマン

華やかなイメージがあったかもしれませんが、実際はそんなことありません。

Webマーケティングのスキルは学び続ける必要こそありますが、本質を抑えれば一生使えるスキルです。

当たり前ですが、どんな業界も最初は大変なので、どうせなら一生使えるスキルを身に付けませんか?

タイトルとURLをコピーしました