Webマーケティングとプログラミングを今から学ぶならどっち?

Webマーケティングとプログラミングを今から学ぶならどっち?Webマーケティング
ダムス
ダムス

Webマーケティングとプログラミングどちらを学ぼうか迷っている!

パパクサマン
パパクサマン

今回はこんなお悩みを解決します!

結論からお伝えすると「どちらも未経験ならプログラミングがオススメ」です。

なぜなら、プログラミングは学習方法が体系化されていて、スキルの再現性も高いからです。

とはいえ論理的な理由だけでなく、あなたの興味関心も重要です。

パパクサマン
パパクサマン

Webマーケターの私としては、本当は「Webマーケティング」と言いたいので、適性や深掘りした理由、学習方法を踏まえて答えを出してくださいね。

Webマーケティングとプログラミングあなたはどっちに適性がある?

Webマーケティングとプログラミングあなたはどっちに適性がある?

Webマーケティングとプログラミングの適正を知る前に、基本的な役割の違いを理解しましょう。

Webマーケティングとプログラミングの役割の違い

・Webマーケティング⇒売れる仕組みを作る

・プログラミング⇒モノを作る

役割の違いを端的に言えばこんな感じです。

クライアントの視点から言えば

・Webマーケター売上を伸ばして欲しい

・プログラマー希望する機能が実装したモノを作って欲しい

となります。

ですから、Webマーケターは売上を伸ばしていく為に数字を見る力が必要で、プログラマーは良いモノを作る事に妥協しない力が必要です。

・数字が好き⇒Webマーケティング

・モノづくりが好き⇒プログラミング

将来のキャリアから考える

副業で収入を増やしたい、フリーランスとして働きたいと考えている場合、早く実現できるのはプログラミングです。

なぜなら「案件数が圧倒的に多いから」です。

ランサーズでプログラミングの案件を検索した結果。※2020年12月時点

ランサーズ プログラミングの案件数

ランサーズでWebマーケティングの案件を検索した結果。※2020年12月時点

ランサーズ Webマーケティング案件

プログラミングの案件は9,502件、Webマーケティングの案件は4,335件でした。

Webマーケティング案件の詳細を見ると、ライティングや簡単なマーケティング調査も含まれているので、実際はもっと少ないです。

パパクサマン
パパクサマン

また、Webマーケティングの場合、経験を重視されるので未経験だと案件獲得が難しいですよ。

ここまでだと、完全にプログラミング有利なのでWebマーケティングのメリットをお伝えします。

Webマーケティングを極めると作業量を減らしつつ収入アップが可能

「Webマーケティングを極める=売れる仕組みを作れる」状態になると、仕組みが仕事をしてくれます。

仕組みが仕事をしてくれるので、作業量は減らしつつ、収入アップが可能になります。

仮に、プログラミングを極めても「モノを作る」という作業量を減らす事はできませんよね。

もちろんサービスを自分で作って販売する事ができればOKですが。

しかし「販売する」時にWebマーケティングの知識が必要になりますよ。

なぜWebマーケティングはプログラミングよりおすすめしないのか?

なぜWebマーケティングはプログラミングよりおすすめしないのか?

Webマーケティングよりプログラミングを先に学んだ方がいい理由は下記3つです。

・明確な答えがない

・再現性が低い

・独学が難しい

順番に解説していきます。

明確な答えがない

Webマーケティングの方が、明確な答えがない場合が多いです。

プログラミングの場合は、ゴール(制作物)に向かって明確な答えを出せます。

Webマーケティングの場合は、ゴール(売上アップ)に対して事前に明確な答えを出す事は難しいです。

明確な答えがないので、次の「再現性が低い」に繋がります。

再現性が低い

例えばプログラミングの場合、同じコードを書けば誰がやっても同じ結果になります。

しかしWebマーケティングの場合、同じ手法をやっても「時期やタイミング」「商品の知名度」など複数の要素によって結果が変わってしまいます。

再現性が低いので、ある程度の経験や実績を求められます。

だから同じ未経験から始めるのであれば、再現性が高いプログラミングの方が稼ぎやすいですよ。

独学が難しい

Webマーケティングの基本的な知識は、本やネットで学ぶ事ができます。

しかし「明確な答えがない」「再現性が低い」ので、実践的なスキルを独学で身に付けるのは難しいですよ。

以上3つの理由から、最初に学ぶのはプログラミングの方が副業やフリーランスを目指すにはオススメです。

Webマーケティングとプログラミングの学習方法

Webマーケティングとプログラミングの学習方法

実際にどちらも勉強した事があるので、具体的なWebマーケティングとプログラミングの学習方法をお伝えします。

Webマーケティングの学習方法

先ほどもお伝えした通り、Webマーケティングを独学で勉強するのは基本的には難しいです。

それでもまずは独学で勉強したいと思っている方は、こちらの記事で詳細を解説していますのでどうぞ!

Webマーケティングの最良の学習方法は、ぶっちゃけ本業にするのが1番手っ取り早いです。

私も未経験からWebマーケティング業界に転職しました。

業界歴4年ほどになりますが、毎日が勉強でもあり仕事です。

1日8時間使えるのと、違う仕事をして平日1~2時間くらいの勉強だと、いつまで経っても本業でやっている人には追いつけません。

本気で仕事にしたいと考えているなら、エージェントに相談しましょう。

未経験からWebマーケティング職に就く方法をまとめています。ぜひこちらの記事を読んでくださいね。

プログラミングの学習方法

5~6年くらい前ですが、YouTubeでJavaを使ってゲームの作り方を解説している動画があり、それを見ながらプログラミングを独学した事があります。

探してみたらありました!T Umezawaさんの「【Java】ゲームプログラミング超入門」で勉強していました。

【Java】ゲームプログラミング超入門 Part01

動画はとても分かりやすかったのですが、結果としては、3ヶ月くらいで挫折しました。

当時を振り返ると、挫折した理由は下記の通り。

・単純に難しすぎた

・最初に学ぶ言語を間違えた

・相談できる相手がいなかった

・ちょっとコードが間違ってると動かない

・どこまでできたらスキルになるか分からない

プログラミングも知識0の状態で、1人でスキルを身に付けるのは至難の業ですね。

特に「どこまでできたらスキルになるのか分からない」=「ゴールが見えない状態」で学習を続ける事が挫折の決定打だったかなと。

当時はプログラミングスクールもメジャーではなかったので、今からプログラミングを始めるならプログラミングスクールに通う事をオススメします。

スクールの費用は掛かりますが、スキルを身に付ければ一瞬で回収できますよ。

副業やフリーランスにおすすめのプログラミングスクール

副業やフリーランスになりたい人におすすめのプログラミングスクール

プログラミングの需要が高まった事により、ここ最近プログラミングスクールもめちゃくちゃ増えています。

その中で「副業で収入を増やしたい」「フリーランスとして働きたい」と考えている人向けにおすすめのプログラミングスクールを3つ紹介します。

基本的にはTechAcademy(テックアカデミー)の「PHP/Laravelコース」か「はじめてのプログラミングコース」でOKです。

パパクサマン
パパクサマン

私の様に、最初からJavaなどの難しい言語を選ぶと挫折の原因に繋がりますよ!

TechAcademy(テックアカデミー)は、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンで、進捗管理サポートやメンタリングまでやってくれます。

無料体験もできるので、とりあえず試してみると良いかもです。

TechAcademyの無料体験

TechAcademy(テックアカデミー)の注意点はチャットサポートが15~23時になっている事です。

パパクサマン
パパクサマン

なので、午前中に学習したい人はコードキャンプがおすすめです。

コードキャンプであれば、朝7時~24時まで現役エンジニアのマンツーマンレッスン受講可能です。

ちなみに、コースは「Webマスターコース」でOKです。

TechAcademy(テックアカデミー)とコードキャンプはオンライン完結型ですが

・スクールに通って仲間を見つけたい

・挫折しないように通学したい

と考える人もいるかと思います。

その場合は、テックキャンプがおすすめです。こちらは通学も可能ですよ。

パパクサマン
パパクサマン

紹介した3つとも無料体験ができるので、ぜひ試してみてくださいね。

今回は以上です。

Webマーケティングとプログラミング、どちらを学ぶか今決める必要はありませんが

・転職エージェントに登録してWebマーケティングの仕事を探してみる

・プログラミングスクールの無料体験に参加してみる

など少し行動してみると自然と決まっていくと思いますよ。

ぜひこの記事を読んだら行動に移してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました