【面接官が教える】Webマーケティング未経験者の志望動機の書き方

Webマーケティング未経験志望動機Webマーケティング
パパクサマン
パパクサマン

こんにちは!今回は未経験でWebマーケティング職に就く為の、志望動機の書き方を解説していきます。

ダムス
ダムス

Webマーケティングは今後も伸びるから身に付けたい!

ヒデヨシ
ヒデヨシ

副業もバリバリやって稼ぎたいんじゃ!

クサ子
クサ子

服装自由やオシャレなオフィスに憧れる~

パパクサマン
パパクサマン

色んな志望動機があると思いますが、あなたが書きたい事を書くと間違いなく落とされますよ。

これからWebマーケティング業界で働くなら、書類審査に通る為の戦略を考えましょう!

本記事の信頼性

・未経験からWebマーケティング業界に転職

・Webマーケティング会社の一次面接を担当

これからWebマーケティング業界に転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Webマーケティング未経験者の志望動機の考え方

Webマーケティング未経験者の志望動機の考え方

結論からお伝えすると「企業が求めている人物像から逆算する」です。

当たり前の事かもしれませんが、書類を見ていると意外と出来ていない人が多いです。

求人票には、企業が求めている人物像の答えが書いてあるので、必ず絡めて志望動機を書きましょう。

では具体的に見ていきます。

Webマーケティング対象となる方の例1

(引用元:doda

例えばこの場合、ポイントは下記3つですよね。

・自ら進んで新しいことに挑戦し、成長できる方

・自分のアイデアを発信しながら働きたい方

・仕事のやりがいを数字面から実感したい方

Webマーケティング対象となる方の例2

(引用元:doda

こちらの場合は、ポイントは下記5つです。

・日常的に、SNS(FacebookやInstagramなど)を使った情報発信・収集をしている方

・日常的に、インターネットショッピングを利用している方

・マーケティングの知識をゼロから身に付けたい

・当社の在り方や理念に共感していただける方

・住宅やインテリア・内装リフォームにご興味をお持ちの方

2つの例を出しましたが、企業によって求めている人物像が違うのが分かります。

全てのポイントを含めるのは難しいですが、現職の経験に紐付けてポイントを抑えた内容にしましょう。

Webマーケティング未経験者は今から志望動機を新たに作ろう

Webマーケティング未経験者は今から志望動機を新たに作ろう

Webマーケティング職を「未経験歓迎・未経験OK」で募集している会社でも、ぶっちゃけ「即戦力になりそうな人」が欲しいのが本音です。

ですから先ほどの「企業が求めている人物像から逆算する」にプラスして、あなたが「即戦力になりそう」と企業に思わせれば勝ちです。

即戦力になりそう!と思わせる志望動機を、新たに作る方法は「個人で実践できるWebマーケティングに取り組むこと」です。

具体的には下記2つがオススメです。

・SNS(Twitter、Instagram)をはじめる

・ブログをはじめる

とはいえ、めちゃくちゃ凄い実績を作る必要はありません。あなた自身で目標を立て、達成するために取った行動が大切になります。

進捗を分かりやすくする為に、定量的(数値)に落とし込んで考えましょう。

Twitterの場合はこんな感じでOK。

・目標を決める⇒1週間でフォロワー100人を達成する

・達成するための行動⇒1日5ツイートする

・目標に対しての結果⇒1週間でフォロワー70人

・結果からの改善策⇒フォロー率が悪いのでプロフィールを変える

Webマーケティングの志望動機の例文

Webマーケティングの志望動機の例文

「企業が求めている人物像から逆算する」と「即戦力になりそう」をふまえ、先ほどの例に沿って志望動機考えてみました。

Webマーケティングの志望動機:例1

業界の将来性があり、特に集客は全ての業界に通用するスキルなので身に付けたいと考え志望しました。

Webで集客をする1つの手法として、SEO対策がある事を知り自分でブログを開設し運用しています。

最初は全くアクセスがありませんでしたが、改善する事でアクセスが増え結果が数字として現れるので更に興味が深まりました。

貴社の実務を通して知識を増やし、様々な案件から学び、事業に貢献したいと考えております。

Webマーケティングの志望動機:例2

現職は営業をしていますが、会社のイベント用SNSアカウントの運用を任され、3か月で1,000人のフォロワーを獲得することができました。

この経験から、SNSが実際の集客に繋がる事を学び、Webマーケティングの面白さに気づき興味を持つ様になりました。

インターネットショッピングをする時も、様々な媒体で広告が配信されている事から、今後はSNSだけではなくWebマーケティング全般の知識を広げていく必要があると考えております。

御社の理念である、Webマーケティングの力で売上に貢献するに共感した為、志望しました。

ある程度パクるのはOKですが、虚偽はもちろんダメです。面接の際に詳しく聞かれても答えられるように、あなたの言葉に直して書いてくださいね。

Webマーケティングの志望動機を作りつつ行動しよう

Webマーケティングの志望動機を作りつつ行動しよう

転職するならまずは、転職エージェントへの登録ですね。

志望動機の添削もしてくれるので、オススメです。

ぶっちゃけ、どの会社を選ぶかよりも担当者の対応が大切です。

知名度が高い、Webマーケティングの求人が多い、サポートが手厚い、それぞれのエージェントを登録すればOKです。

転職エージェントの登録後にやること

転職エージェントの登録が終わったら、次は下記3つです。

・SNS(Twitter、Instagram)をはじめる

・ブログをはじめる

・志望する会社の分析

Webマーケティングの会社だと、社長や社員がSNSやブログで情報発信をしている場合があります。

あなたに「マッチするか」「働きたいと思うか」「どんな人材を求めているか」など求人情報だけを見るより多くの情報を得る事ができますよ。

今回は以上です。

未経験からWebマーケティング業界に転職した経験と、Webマーケティング会社の一次面接を担当していた経験から志望動機の書き方のコツをお伝えしました。

ぜひWebマーケティング業界に転職を決めてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました